石造アーチ橋を訪ねて

第 154 番 下大野橋
長崎市船石町(千束野川)船石ポンプより左折
下流側から
昭和35年
長さ 5.0m 幅員 4.0m
数多くの石橋が有った船石地区で57年の水害に残った石橋。

 親柱も欄干も架橋当時のまま残る。多少白い手すりが気になるが現役の橋としては安全の為にはいたしかたないだろう。このままでも充分美しい。

〜県の河川課川内係長の情報で、土木部総務課で閲覧して確認して訪ねた石橋。

07/10/2007更新

 

inserted by FC2 system