石橋(石造アーチ橋)の用語

 石造アーチ橋の用語をまとめてみました。必ずしもこの用語が全てではなく、別の呼び名もありますが参考になれば幸です。

参考写真

用語 解説・備考
輪石 輪石(わいし)は、アーチを構成する石で、石橋を支える最も大事な石。アーチ石、拱環石(こうかんせき)、リング石とも呼ばれる。石造アーチ橋の最も大事な部分といえる。
要石 要石(かなめいし)は、輪石のアーチ部の最後部の部材。要石を備え付けるとアーチが完成する。楔石(くさびいし)、拱頂石(こうちょうせき)、冠頂石(かんちょうせき)、キーストーンとも呼ばれる。
壁石 壁石(かべいし)は、中詰め土砂が崩れないように、橋両側面の輪石の上方に積む石。長崎眼鏡橋のような水平積みや、山間部の石橋によく見られる乱積み、また扇のように積む扇積みなどが多い。水平積みの石橋を「長崎型」と呼ぶが、地域の農民の必要で架けた道橋では、乱積みが多く見られる。多くはコストの問題だと思われる。
欄干 手すり部分をいうが、特に装飾を凝らしたものなどは高(向)欄(こうらん)と呼ばれる。また橋の両端に橋の名前などを記した大きな柱を、親柱とよぶ。
拱矢 拱矢(こうし)とは、図のように基礎から要石までの高さ。この拱矢で径間を割ったものを拱矢比と言い、拱矢比が2.0なら半円と成る。
径間 アーチ部分の内寸歩。
橋長 この長さが曖昧で、取り付け道路部分を含んで表示されることもあるが、欄干が有る場合は欄干の外寸法を示すことが多い。
単拱橋 アーチが一つの石造アーチ橋を呼ぶ。このタイプが最も多い。
ニ連拱橋 長崎眼鏡橋、諫早眼鏡橋がこのタイプ。
連続拱橋 長崎には例が無いが、連続したアーチ橋をいう。
擬宝珠柱 擬宝珠を設けた親柱や頭幅柱、袖柱などを言う。
束柱 手摺石を支え地覆を組み立てる中間の柱を言う。

 

inserted by FC2 system