諫早市スポーツ栄誉賞表彰式

 諫早文化会館で、諫早市スポーツ栄誉賞・第30回諫早市栗林スポーツ賞・第19回諫早市浜教育文化賞の各表彰式が開かれました。(02/23/2002)

 諫早市スポーツ栄誉賞は、スポーツにおいて卓越した成績を収め、かつ、市民に敬愛されると共に、スポーツの振興に顕著な功績があった方を表彰し、その栄誉を称える目的で平成12年2月に制定され、第一回の受賞者は、当時諫早高校三年生の藤永佳子(陸上)選手であった。

 長崎県立諫早高校女子駅伝チームが、団体として表彰されました。壇上にあがって、表彰されたのは、松元美香選手。監督の松元氏のお嬢さんとの誤報が時々ある。

 今回の、女子優勝、男子入賞の都大路は表彰されて当然!!

 長崎県立諫早農業高校相撲部。全国大会二年連続優勝。諫早農業高校は、伝統の強豪相撲部。

 表彰する市長が、手前にいながら小さく見えてしまうほど、りっぱな身体。将来に期待がもてる。

 浜教育文化賞は、故・濱 久米八氏(浜水産他を経営)の意思により制定され、教育文化に功労のあった方々を顕彰している。
 今年の受賞は、森 長之(もり・ながゆき)氏。森長おこしの菓秀苑経営のかたわら、諫早文化協会での功績や、ミモザ忌、芭蕉忌、菜の花忌他、数々の文化事業への貢献をもって表彰。

 栗林スポーツ賞受賞は、小学校の部が47名、中学校69名、浜教育文化賞が小学生の部83名、中学生の部22名、団体3団体。受賞のスナップをいくつか上げてみよう。

 

fwd-net長崎・諫早へのリンク

inserted by FC2 system