春の訪れ 島原市の初市

 江戸時代からの歴史を持つ、島原市の初市に行ってきました。初市が始まると島原も本格的な春到来です。(03/06/2008)

平日でも結構な人出です

 島原城築城当時からの庶民の市が始まりと言われる長い歴史をもつ初市は、島原鉄道本社駅の近く、霊丘公園で毎年開かれる。植木屋・陶器、農具を始とする鍛冶製品が目立つが、最近は食べ物の出店が一番多い。子供達が連れ立って買い食いをしている様子が可愛い。

 17時になると、突然、アナウンスが鳴り出して「小中学生は帰宅の時間ですと始まった。回りを見ると、小学生達が、「また明日ねと言いながら帰り始める。なんだかタイムスリップしたようだ。

日時
    平成20年3月3日(月)〜10日(月)
    平日 午前9時〜午後7時
    土日 午前9時〜午後8時

会場
    霊丘公園

交通アクセス
    【鉄道】 島原鉄道「島鉄本社前」下車徒歩3分
    【バス】 島鉄バスターミナル下車徒歩5分
    【 車 】 長崎自動車道「諫早IC」から国道251号線にて約80分

島原市のHP
島原市観光ガイドのHP

fwd-net長崎・諫早へのリンク

inserted by FC2 system