温泉神社(吾妻町)

 吾妻町役場から、上がって山田城址の先の橋を渡る。山に向かって登って右側です。
(12/16/2001)

 二方向に鳥居がありますが、社殿に向かって多分こちらが、一の鳥居だと思います。

 この、吾妻の温泉神社は、諫早神社と同じく、雲仙の温泉神社の旧四面宮時代の分身末社として、有家神(有家町)、千々石神、同様に祀られた、歴史ある神社です。(麓神と呼ばれた)

<メモ>

祭神
白日別命、豊日別命、豊久士比泥別命、
建日別命、速日別命

この大岩は「イワクラ」と呼ばれ、右側に在るものを併せて、二王石と呼ぶ。神の御座所を磐座(いわくら)と呼ぶので、その意味だと思う。

 麓神と呼ばれた、四面宮末社の四社は、他の旧四面宮、温泉神社と比べて、より歴史を感じます。

 一の鳥居には「四面大明神」の銘が読めますが、別の入り口の鳥居には、「三神宮」のように読めるのは、再確認が必要です。

<メモ>

別当の修験道の寺院は、感應院といい、旧山田村、現在の白山姫神社の辺りにあったという。愛野町の旧野井村の八幡神社の鳥居(文政4(1821)年建立)には、「社僧法院大先達感應院龍」と記載されている。

明治初年頃に社務所が火災に遭ったため、由緒記や古記録が、焼失したとのこと。ただ、最初に創建されたのは、現在地のもう少し上のほうで、現在の宮ノ元(小字)であったという。

inserted by FC2 system