千々石町温泉神社

 千々石の温泉神社秋の大祭に行った時は、温泉神社が何処に有るかも、知らなかったので、今日は、千々石の温泉神社にやってきました。(12/02/2001)

 明治の神仏分離令まで、四面宮と呼ばれ、雲仙の当時の四面宮、今の雲仙「温泉神社」の末社です。

 四面宮時代は、この千々石神が、一の宮でした。(難しい名前の仏様の名が当てられてます)

祭神
白日別命、豊日別命、向日豊久士比泥別命、建日別命、速日別命
(千々石のYabooさん、ありがとうございます)

 ここが、お四面さまなら、あの橋は、四面橋に決まってます。そして、この川原は四面川原?

 そこまで行かなくても、諫早の「お四面さま」の信者?には、親しみがもてます。

 この川原は、整備されていて、上流の橘神社までは、なかなか良い散歩道です。

 今日ここに来たのは、千々石のYaboo!の、サイトを見たからです。

 千々石の温泉神社の秋の大祭が有った、お旅所に、この社があります。

 最初は恵比寿神かとも、思ったのですが、ちょっと違うようです。お旅所が設けられたのですから、温泉神社の関係がある様にも思えます。

 どなたか、ご存知の方がいらっしゃったら、教えてくださいね。

 千々石のYaboo!さんから、12/4に、メールで教えていただきました。

-----引用です-----
ちょうど、今、御旅所の前にお住まいの漁師さんが見えたので、聞きましたら、元々は海側堤防の道の脇に有り、弁財天だそうです。前の広場を作るとき、場所を移したそうです。漁の無事と豊漁祈願と思われます。

(12/09/2001修正)

inserted by FC2 system