若松神社(泉町)

 竹下の犬尾医院脇を通り、泉町の公民館を過ぎて、諫早駅前から来た道を横切る。そのまま進んで、左手が若松神社。(02/23/2002)

 明治16年建立の小ぶりの鳥居、元々は若松権現と呼ばれたが、明治の神仏分離で、若松社、あるいは若松神社と改称した。奉納は、清泉里中とある。

 珍しい丸い額束に、若松社と記載されている。近郊の神社では、始めてみる額束の形状。

 境内には石祠が二座祀られている。祭神は、名前の通り、若松権現だが、現在は八幡神が祀られている。創建などは未調査。

Mapion

 境内の端に、新しい観音堂があり、左手の弁財天は第十代領主、諫早茂成公が寄進したものと聞いていたが、諫早三十三所観音霊場の第十八番、千手観音と聞いたので、再度見てみると、千手観音が正解のようだ。右手は、諫江八十八ヶ所霊場、第二十二番札所、阿波国平等寺が祀られている。

inserted by FC2 system