目嶋神社(小長井町)

 JR小長井駅のやや諌早側で駐車場脇の小さなトンネルをくぐる。(06/05/2002)

2_0605

 拝殿奥の石祠には、妙見大菩薩とあり願者は陣野、北島某とある。妙見様といえば七福神の唯一の女性神である弁天様のこと。そんなところから女島神社とも呼ばれる。額束には「目嶋大明神」とある。

【祭神】 伊邪那美命

【創建】 元禄13(1700)年の文字が石祠に見られる。

 境内には、小長井町殉国慰霊碑も建立されている。その名の通り眼病に霊験があると伝えられる。

 お目島さんと呼ばれ、森山町出身の前田連山は、諫江八景の諫東の景勝地としてあげている。

「諫東に名勝ありやと問わば、目島は劈頭第一に数えられるものならんか・・・」と紹介されている。

音琴川の名前からきたのか、この浜は「おこんご」と呼ばれる。

 新地節に、「まだら一こん積んで、おこんごの沖に アラヨー 波にこらしよい揺られて日を暮らす」と謡われている。

【例大祭】 旧暦9月9日に行われていたが、現在は10月9日に祭りが行われる。

 写真の櫓は、取水井の櫓であり小長井町の重要な水源の一つで日量1万トンの真水が出ている。海の中に湧水井があるのも珍しい。

inserted by FC2 system