また?またも対馬に出張で

 先週に引き続き、また対馬に出張です。今回は飛行機で行きます。長崎空港から11/04日曜日夕方、16:55のANA159便です。タヌキは案外ミーハーで飛行機大好きなんです。(11/04-05/2001)

 長崎空港の搭乗ロビーから、今日の機体B737です。タヌキはスーパージャンボも好きですけど、このB3やB6も好きなんです。

 もちろんもっと小さなアイランダーなんかも大好きです。今年は、奥さんとB6で上海に行ってから初めての飛行機です。

 対馬まで、わずか30分のフライト。もう少しのって釜山まで行きたいような気もします。でも今日は仕事です。出張で今年3度目の対馬行きです。船も好きだけど、飛行機はもっと好き!!

 対馬の空港で、おなじみの吉永レンタカーに迎えに来てもらって、手続きをして出発です。

 厳原の今夜の宿、これまたおなじみの金石館に向かう途中の峠から、漁火が見えます。

 イカ漁でしょうか? 集魚灯の明かりが見えます。今夜はイカ刺し?一夜干しを炙ったのもいいなぁ・・・

 そんなことを考えながら、20分強のドライブです。

 大好きな釜山亭は臨時休業でした。営業所のお薦めの店は、あえて名前はあげませんが、出てきたイカ刺しが、真っ白でクターとしてます。
ビール一杯飲んで失礼。

 釜山亭の横の赤提灯をのぞいたら、一杯!!とても入れません。期待しないで入ったお店がここです。大手橋のすぐたもとです。

 メニューを見たら定食とかの記載があるので、試しにメニューに無い「さしみは?」と聞くと「アジです」と返ってくる。食べてみると旨い!!
ご馳走さまでした。メニューに無いものばかり頂きました。

 あさ早く目が覚めました。昨夜の「山ちゃん」のお酒が美味しかったかな?

 厳原の波止場からすぐの「立亀岩」を信魚連の波止からパチリ。朝の散歩です。

 大波止の合同庁舎とフェリーつしまです。フェリーに4時間以上ゆられて来る対馬も魅力。

 もうすこし歩いてみましょう。お気に入りの万松院まで、ほんの10分です。

 万松院から、少し上まで上ると、清水城跡の一角から、改めて厳原の港を見てみます。

 雨が降り出しました。雨に霞んだ港も良いものです。お船江の橋が、あす開通だそうです。開通の日は、長崎で仕事をしてますので、ちょっと除いて見ましょう。なかなかかっこいい橋ですね。お船江にそのまま下りれる、螺旋階段もあります。新名所になるかな?

 真面目に仕事をしてから、14:30から上県町に向かいました。

 これがなんだか判りますか?

 養蜂の巣箱なんです。ここでミツバチを育てて蜂蜜を採るそうです。皆さんが知ってる養蜂箱とは大分形が違うでしょ?

 養蜂を見るのが目的ではなくて、九州最北西端の地の「異国の見える丘展望台」に行くのが目的です。

 今日は雨、韓国が見えるとは思ってないのですが、韓国フリークのタヌキとしては、いちどこの展望台に行ってみたかったんです。

 途中、左折する、佐護の分かれ道が判らなくて、遣唐使の港、佐須奈まで行ってしまって、慌てて、戻って、途中で見つけた小さな案内板から入ったら、工事中の道で、ドロだらけになりました。

 なんやカヤで、ここに着くまで、空港から1時間半掛かりましたので、17時までに車を返しに行きたいタヌキは、少し慌ててます。

 それでも、もしかして釜山の影でも見えないかと目を凝らします。

 この先に見えるんじゃないかと、ほんの50k先には、韓国の釜山が有るんです。

 でも、ごらんの通りの雨模様では、いくらなんでも無理というもの。あきらめて帰りましょう。あと1時間半しかありません。でも、なんとなく見えるような気がして・・・・・

 慌てて空港に戻ります。峰町に入る前に目に止まった国本神社。名前が気になります。

 峰町に入ってから、左手に見えた立派な門構え。つい入り込んで写真を撮ってしまいました。

 仕事が終わってから、長崎行き160便までの僅かな時間を、前から行ってみたかった展望台に行けてちょっと満足。こんどまた対馬に来た時に・・・・・(11/04-05/2001)

<追記>

立派なお屋敷は、こちらの大地主さんのお宅だそうです。黒瀬さんが教えてくれました。

交流掲示板”対馬”からの転載です。

対馬・峰町の散歩・・拝見しました。
<・・立派な門構えのお屋敷・・・> 宗家の流れをくむ「松村氏宅」です。その地では「大松村(おおまつむら)」と呼ばれている大地主のお宅だそうです。築170年は過ぎていると聞きます。文化財には指定されていないそうですが、数多くの史料が残されていると聞きます。
現在、町では「山辺(やんべ)遺跡」(邪馬台国?)の発掘調査が進められています。門のすぐ前まで海であっただろうと云われ、船着場・遺構の発掘が待たれています。山辺遺跡の発掘調査により、魏志倭人伝「邪馬台国」の伝説にもつながる明るいロマンを待ち望むのは私だけでしょうか!・・・。
Zentoさんのおかげで、また一つ、史の勉強をしました。有り難うございました!!
(詳細:峰町教育委員会 TEL09208・3・0301)
※写真は下記HomePageの「仕事の合間の散歩」に、UPされています!!

inserted by FC2 system